分類(カテゴリー)「演者」の能楽用語

鐘吊後見(かねつりこうけん)

能「道成寺」で鐘の作り物を舞台に持ち出し、竹棹で天井の滑車に綱を通して鐘を吊り上げ、終曲に際しては鐘...

鐘吊(かねつり)

能「道成寺」で鐘の作り物を舞台に持ち出し、竹棹で天井の滑車に綱を通して鐘を吊り上げ、終曲に際しては鐘...

人間国宝(にんげんこくほう)

文部科学大臣が指定した重要無形文化財である芸能(能楽など)を、高度な技芸をもって演じることができると...

能楽師(のうがくし)

職業として能楽(能・狂言)を演じる者。完全分業制で、シテ方・ワキ方・狂言方・囃子方(笛・小鼓・大鼓・...

楽屋(がくや)

能舞台の裏側にある部屋で、演者が準備を行う場所のこと。十数畳の和室を繋げて楽屋とすることが多く、各部...

赤大臣(あかだいじん)

赤地の袷狩衣を着たワキツレのこと。「高砂」「賀茂」などの脇能に多く登場し、紺または紫地の袷狩衣を着た...

女猿楽(おんなさるがく)

女性によって演じられる猿楽、またはその演者のこと。室町時代前期の後崇光院の日記『看聞御記』の永享4(...

離見(りけん)

世阿弥の能楽論にみえる用語。演者が自分自身の視点から離れ、距離をおいて客観的に己や舞台全体の様子を観...

(はな)

舞台上の魅力のこと。世阿弥は自身の芸論で「面白さ」「珍しさ」と同じであると論じる。理想的な花としては...

わらんべ草(わらんべぐさ)

江戸時代前期の狂言の伝書。狂言大蔵流の13世家元・弥右衛門虎明(1597(慶長2)年~1662(寛文...

乱能(らんのう)

能楽はシテ方・ワキ方・囃子方・狂言方の各役が専業となっているが、慶事など特別な折に、出演者全員が専門...

下間少進(しもつましょうしん)

1551(天文20)~1616(元和2)年。戦国時代末期から江戸時代初期の本願寺の坊官で、素人の能役...

一子相伝(いっしそうでん)

自身の子、一人だけに伝えるとされた秘伝・奥義のこと。各役、各流儀に一子相伝の扱いとする曲目や演出、事...

三役(さんやく)

シテ方に対して、ワキ方、狂言方、囃子方の演者を総称する語。現在、ワキ方は3つの流派(高安流、福王流、...

延命冠者(えんめいかじゃ)

「能にして能に非ず」と言われる神事・祈祷曲「式三番(翁)」で、「父尉」とともに登場する若者のこと。父...

父尉(ちちのじょう)

「能にして能に非ず」と言われる神事・祈祷曲「式三番(翁)」で、「翁」「三番叟(三番三)」とともに演じ...

翁ナシ(おきななし)

翁付脇能の「翁」を省略した特別な演出のこと。本来「翁」を上演すべき格式の高い番組でありながら「翁」を...

半開口(はんかいこ/はんかいこう)

翁付の脇能のうち、ワキの次第の謡がない「玉井」や、役柄が「大臣」ではない「白楽天」など、通常の脇能と...

開口(かいこ/かいこう)

脇能の冒頭で登場したワキが、最初に能の筋とは無関係に当世を称えた謡を謡うこと。江戸幕府や禁裏、本願寺...

礼脇(れいわき)

翁付の脇能で必ず演じられる特別な演出のひとつ。一曲のはじめにワキが「置鼓」の囃子で登場し、常座で両手...

面箱持(めんばこもち)

天下泰平・国土安穏の祈祷曲「翁(式三番)」で、御神体である白色尉・黒色尉の面、神楽鈴を納めた面箱を捧...

能力(のうりき)

寺で力仕事をする下級の僧。また、寺男のこと。能のアイとして「道成寺」や「鞍馬天狗」「西行桜」などに登...

すっぱ(すっぱ)

狂言の登場人物のひとり。詐欺師のこと。「素破」「透波」などとも書く。狂言には、すっぱが田舎者を言葉巧...

しわい人(しわいひと)

金銭などを出し惜しむ、けちな人のこと。狂言「盆山(ぼんさん)」に登場する何某は、知り合いの男から盆山...

山伏(やまぶし)

狂言の登場人物のひとり。山岳で修行して超自然的な力を持つとされる山伏は、狂言が生まれた中世に活躍し人...

僧侶(そうりょ)

狂言の登場人物のひとり。仏道を修行する僧侶は知識階級でもあり帰依尊崇されていた。また、山岳で修行して...

アド(あど)

狂言のシテ(主役)に対する相手役・脇役のこと。アドがふたり以上の場合、一のアド、二のアド、三のアド、...

大名(だいみょう)

狂言の登場人物のひとり。大名とは多くの土地や家臣を持った有力者のことであるが、狂言に登場する大名の多...

次郎冠者(じろうかじゃ)

狂言の登場人物のひとり。特定の人物を指すのではなく、頭株(あたまかぶ)の奉公人である太郎冠者の弟分の...

太郎冠者(たろうかじゃ)

狂言の代表的な登場人物のひとり。特定の人物を指すのではなく、「頭株(あたまかぶ)の奉公人」の意。多く...

別火(べっか)

祭祀である「式三番(翁)」を勤めるにあたり、演者が精進潔斎のため一定期間の物忌みをすること。式三番を...

子方(こかた)

能で子どもが扮する役のこと。シテ方から出る。「鞍馬天狗」の牛若丸や「隅田川」の梅若丸などのように、子...

カケリ(かけり)

修羅道(しゅらどう)の苦患(くげん)を受ける武士、狂乱した女性、妄執にとらわれた人物など、異常な状態...

着座(ちゃくざ)

演者が舞台上の定位置に座ること。例えば、ワキ座に座ることを「ワキ座に着座する」、または「ワキ座に座着...

後見(こうけん)

能・狂言で舞台の進行を監督する役のこと。正式の後見はシテと同格かそれ以上の演者が勤める。小道具などの...

囃子方(はやしかた)

能の器楽を担当する演者のこと。笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方に分かれている。それぞれ専業で舞台を勤め、...

地謡方(じうたいかた)

舞台の右端の地謡座に8人ほどで座し、詞章を合唱して一曲の能を支える演者のこと。シテの演技と密接にかか...

狂言方(きょうげんかた)

狂言の諸役・後見・地謡を勤めるほか、能のアイ、式三番(翁)の風流・三番叟・面箱持などを勤める演者のこ...

アイ(あい)

能の中で狂言方が勤める役のこと。漢字では「間」と表記する。能の前半と後半の間に、末社の神・里人・従者...

トモ(とも)

能のシテ、またはツレにつき従って登場する役で、太刀持ちなど従者の場合に「トモ」と呼ぶ。...

ワキ(わき)

能の脇役のこと。漢字では「脇」と表記し、シテに対峙して演技を引き出す重要な立場を占める。シテは老若男...

ツレ(つれ)

能のシテにつき従って登場する役のこと。漢字では「連」と表記する。シテ方の演者が勤める。その役柄は広く...

シテ(して)

能と狂言の主役のこと。漢字では「仕手」「為手」と表記し、その一曲を勤める人という意味である。演出家を...


クレジットお問い合わせ協賛
Copyright© 2008 the-NOH.com All right reserved.