« 焼印 | メイン | 番組 »

仕舞扇


しまいおうぎ

能では立方から囃子方後見、地謡に至るまで全ての演者がを携えている。装束を着けた演者は、閉じたときにも銀杏の葉のように先が開く「中啓(ちゅうけい)」を持つことが多いが、舞囃子仕舞など略式の上演形式では、一般的なの形をした長さ30センチ程の仕舞(鎮)を用いる。色柄は流儀の決まり模様をはじめ、曲趣や季に応じて様々ある。素謡では仕舞よりやや小さい素謡を用いる流儀もあるが、仕舞を兼用することも多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.