メイン

た (一覧)


太鼓(たいこ)

太鼓方が用いる打楽器。締太鼓。牛の皮を張った表革と裏革を麻製の調緒(しらべお)で繋ぎ合わせ、欅材など...

立合(たちあい)

流派の異なる演者が同じ舞台に集い、芸を競い合って演じること。別々の曲で競演する場合と、同じ曲中で相舞...

立チシャベリ(たちしゃべり)

能の中で狂言方が勤める「間狂言(間・アイ)」の一形式。能の前シテが中入りした後、従者などに扮するアイ...

立廻リ(たちまわり)

能の働事(一定の意味がある所作に囃子がつくもの)のひとつ。演者が静かに舞台上を動きまわるうちに役の感...

達拝(たっぱい)

能・狂言の型のひとつ。両肘を強く張り、握った両手を合わせて額の前あたりに高めに出すこと。一種の拝礼、...

足袋(たび)

能は「歩行の芸術」といわれるほど足の「ハコビ」が大切であり、「ハコビ」を支えるもののひとつが「足袋」...

(たれ)

演者の頭部につける「かつら」の一種。直径10センチほどの輪に真っ直ぐな馬毛を編み付けて製し、輪の部分...

太郎冠者(たろうかじゃ)

狂言の代表的な登場人物のひとり。特定の人物を指すのではなく、「頭株(あたまかぶ)の奉公人」の意。多く...

丹波猿楽(たんばさるがく)

中世、丹波国(いまの京都府中部と兵庫県東部)を中心に活動した猿楽の座のこと。矢田、梅若、日吉などが有...

大名(だいみょう)

狂言の登場人物のひとり。大名とは多くの土地や家臣を持った有力者のことであるが、狂言に登場する大名の多...

出シ置(だしおき)

能がはじまって囃子方と地謡が舞台に出た後、役者が幕から静かに出て所定の位置に着座すること。また、その...

(だん)

能の中で「区切り」を意味する用語。能はいくつもの段を積み重ねるように構成されており、「ワキの出の段」...


クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.