メイン

ち (一覧)


父尉(ちちのじょう)

「能にして能に非ず」と言われる神事・祈祷曲「式三番(翁)」で、「翁」「三番叟(三番三)」とともに演じ...

着座(ちゃくざ)

演者が舞台上の定位置に座ること。例えば、ワキ座に座ることを「ワキ座に着座する」、または「ワキ座に座着...

中吟(ちゅうぎん)

宝生流で使われる謡の用語。ツヨ吟とヨワ吟を短い間に交互に用いて謡う謡い方、またその部分のこと。複雑な...

中啓(ちゅうけい)

能・狂言では立方から、囃子方、後見、地謡に至るまで、全ての演者が扇を携えている。扇には「中啓」と「鎮...

中之舞(ちゅうのまい)

能の舞事のひとつ。静かな舞と早い舞の中間の位で舞われ、舞事の基本とされる。三番目物の優美な女性、公達...

中ノリ(ちゅうのり)

謡のリズム法のひとつ。謡は囃子のリズムに乗るものと乗らないものがあり、リズムに乗るものには平ノリ、中...

長絹(ちょうけん)

舞を舞う女役などに用いる広袖の表着。裏地のない単のみである。絽や紗の生地に、金糸や色糸で模様が織り出...

頂頭懸(ちょうずかけ)

折烏帽子の上から掛けてあごの下で結ぶ紐のこと。赤地の金襴などを用いることが多く、頬の辺りで烏帽子の紐...


クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.