« 長絹 | メイン | 烏帽子 »

水衣


みずごろも

男女を問わず、の高くない人物、山伏、老人の役などに幅広く用いる広袖の表着。裏地のない単のみであるが、生地によって絓(しけ、目が詰まった透けない生地)、縷(よれ、横糸を荒く搔き寄せた透け感のある生地)、縞(しま、縞柄の生地)の別がある。着装法も、上から羽織って胸の前でとめたり、袖を肩にあげて着たり、腰の部分を腰で絞めて着るなど、ヴァリエーションが豊富である。狂言でもしばしば用いる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.