« 中入り | メイン | 中之舞 »

序之舞


じょのまい

能の舞事のひとつ。非常に静かな品ある舞である。三番目物の優美な女性、樹木の精、老人など、さまざまな曲のシテが舞う。笛・小鼓大鼓で奏す大小物と、太鼓が加わる太鼓物の2種類がある。構成は中之舞と同様だが、冒頭に拍子に合わない譜がつくのが特徴。この部分を序と呼び、「序之舞」の名称もここから来ているという。正式には五構成で舞われるが、三に舞うことも多い。老体の神が厳粛に舞うものに「真之序之舞(しんのじょのまい)」があり、序之舞と同じ構成だが序が長くなっている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.