« 下間少進 | メイン | 張ル »

ハル


はる

謡や掛声の音高を高くすること。「もっとハッて」のように用いる。謡は上音・中音・下音が音の柱になっているが、中音から上音にあげることも「ハル」という。また、湿度の低い冬季などに、小鼓太鼓の革が乾きすぎて音に深みがなくなっている状態を「革がハッている」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.