« 老女物 | メイン | 張盤 »

京都観世会館


きょうとかんぜかいかん

京都市左京区に1958年に開場した、京都・観世流の本拠となる堂。毎月開催される京都観世会の定例会や、年に一度の特別公演である「京都観世能」のほか、師主催の公演なども数多く行われている。見所(客席)は1席(355席)と2席(119席)があり、全て椅子席。舞台の正に描かれた鏡板の老松は、京都出身の日本画家・堂本印象(1891(明治24)~1975(昭和50)年)が描いたもの。初心者向けの公演なども積極的に行われ、観客の好評を得ている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.