« 離見 | メイン | 本地 »

ウキ


うき

謡の音の名称。基準音である中音と上音の間、上音とその上のクリ音との間などにある。ウキ音に音の高さをあげる技法も指す。ウキ音はある音から別の音に移る時、一時的に用いられることが多い。上音から中音に音高が移る場合にいきなり下げず、上音から上ウキ音に一旦あげてから中音に下がるのがその例である。ヨワ吟には上ウキと中ウキサシ調音における上ウキなど四種が、ツヨ吟には中ウキの一種がある。これとは別に、狂言で左右の足を交互にあげながら、膝を屈伸させて浮かれたような動きの型も「浮キ」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.