« 唐織紐 | メイン | 織箔 »

胸箔


むなはく

女役が装束の一番下に着る小袖に摺箔があるが、その上に唐織などの表着を着ると、と胸の一部しか見えない。そこで、袖や裾を省いた簡略の摺箔を用いることがある。これを胸箔という。装束のかさばりや重さが軽減されるうえ、後シテ着付胸箔を重ねれば、それを取るだけで着付を替えたことになるので便利に用いられる。裏地がついた袷である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.