« 織箔 | メイン | 繻子 »

ボウジ


ぼうじ

状の細長い布。美観や強度を増すため、竹製の作り物や棒状の小道具(道具の柄など)に巻く。無地は頻繁に使われる白以外にも赤や紺が、縞模様の「ボウジ」には地色が朱系の紅入と青系の紅無がある。紅入のボウジを「紅(こうだん)」ともいう。車や宮などの作り物を飾るため、ボウジを千鳥掛けにして用いることもある。作り物は上演のたびに作るのが原則のため、終演後はボウジも取り外し、綺麗に巻き直して次の舞台に備える。「棒地」「帽子」「包地」とも書く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.