« 入り廻し | メイン | 唱歌 »

縫箔


ぬいはく

繻子地や綸子地に「刺繍(縫)」と「摺箔(箔)」で模様をあらわした小袖。「摺箔」とは型を用いて糊を生地に置き、その上から金銀の箔を捺した後、余分な箔を掃って模様をあらわす技法。能では、両袖を脱いで後ろにらす「腰巻」という女役の着方や、公達などのみやびな男役、子方などの着付に用いられる。狂言では、女役一般の着付縫箔が使われる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.