« 三遍返シ | メイン | 赤大臣 »


ふし

謡の用語。謡で付されている部分、またはその旋律のこと。対するのは付のない「コトバ(詞)」で、謡本の詞章の横にゴマ(ゴマ形の記号)があるのがフシ()、無いのがコトバである。フシの部分のリズム様式には、拍子に合わせて謡う「拍子合」と、合わせずに謡う「拍子不合」があり、旋律様式には「ツヨ吟」と「ヨワ吟」の二種がある。狭義には、謡本記号によって示される個々の旋律を指すこともある。その場合は「このフシをもう少し大きく謡って」のように用いる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.