« 狂言方 | メイン | 囃子方 »

地謡方


じうたいかた

舞台の右端の地謡座に8人ほどで座し、詞章を合唱して一曲の能を支える演者のこと。シテの演技と密接にかかわるため、シテ方の演者が勤める。江戸期には地謡専門の演者がいたが、現在では立方と地謡の両方を勤めることがほとんどで、一括して「シテ方」と呼ばれている。地謡を担当する演者を指す場合は「地謡」、略して「地」ともいう。狂言にも地謡が出る曲があるが、これは狂言方の演者が勤める。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.