« 地謡方 | メイン | 後見 »

囃子方


はやしかた

能の器を担当する演者のこと。笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方に分かれている。それぞれ専業で舞台を勤め、担当しない器は演奏しない。江戸期までの囃子方は座に専属していたが、現在ではどの流儀の能でも相手をする。器ごとにいくつかの流派があり、各々特長を持っているため、その組み合わせによって幅広いアンサンブルが紡ぎ出される。狂言にも囃子が入るものがありその演奏も担当する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.