« 見所 | メイン | 揚幕 »

橋掛り


はしがかり

能舞台で、見所に突き出している本舞台鏡の間をつなぐ、橋のような部分の名称。単なる通路ではなく、例えば幕の奥を「幽界」、本舞台を「現世」と置付け、その間をつなぐものとなぞらえるなど、様々に見立てて用いられる。本舞台から幕に向かって大・中・小の松が植えられており、順に一の松、二の松、三の松という。この松の前で演技をすることも多く、演技・演出上の重要なポイントでもある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.