« 道行 | メイン | 曲舞 »

待謡


まちうたい

後ジテなどの出を「待つ」ワキが謡う謡の小。能の後半への導入歌であり、舞台を後場の雰囲気に集中させる役割がある。弔いや祈りを行ったことを、知らせるものが多い。能「敦盛」を例にあげると、後場の冒頭でワキが謡う「これにつけても弔ひの」から「菩提を尚も弔はん」までが待謡である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.