« 床几 | メイン | 待謡 »

道行


みちゆき

登場人物が旅行をする場を表す小。地名、風景、旅の様子などを謡うことが多い。ワキが名ノリのあとに謡う場合が多々あるが、「蝉丸(せみまる)」のように、地謡に合わせてシテが重要な舞を見せる曲もある。狂言では、旅行や外出の場道行といい、通常は台詞を言いながら舞台を一周する。道行の後に、目的地に着いたことを示す台詞がつくことがあるが、これを「着キゼリフ」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.