« 本面 | メイン | 半幕 »

カケリ


かけり

修羅道(しゅらどう)の苦患(くげん)を受ける武士、狂した女性、妄執にとらわれた人物など、異常な状態で動き回る様子を表す所作。笛、小鼓大鼓で囃すが、その囃子事の名称も「カケリ」という。途中でテンポが急になるのが特徴。狂言にも「金岡(かなおか)」「阿弥(らくあみ)」などカケリのある曲がある。「翔」とも書く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.