« カケリ | メイン | 本幕 »

半幕


はんまく

シテの出に際し、揚幕の下半分を巻き上げて、幕内にいるシテの姿を見せること。特殊演出の一環であり、通常の演出では用いない。たとえば、「船弁慶(ふなべんけい)」の特殊演出では、後シテ床几(しょうぎ)に腰を掛けた姿を半幕で見せ、平知盛(たいらのとももり)の怨霊の姿が波間に見え隠れするさまを効果的に表現する。その後、幕を一旦下ろし、後シテ本幕で登場する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.