« 早舞 | メイン | 段 »

コトバ


ことば

謡で、付がなく言葉を中心に謡う部分を指す。謡本で、言葉の横にゴマ(詞章の横についているゴマ形の記号。ゴマ点とも呼ばれる)が付けられているのがフシ()、無いところがコトバ(詞)である。フシがないとはいえ、能のコトバは一句の中にアクセントをつける部分が決められており、これをヒラキという。狂言や間狂言では謡以外の部分がコトバであるが、セリフと呼ぶことが多く、その抑揚は家ごとに特長がある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.