« くつろぐ | メイン | 厚板 »

唐織


からおり

装束を代表する豪華絢爛なもので、女役に用いる小袖の表着。中国から舶来したとされた織物=唐織が使われたことから、装束も「唐織」と呼ぶ。紅色が入ったものを「色入/紅入(いろいり)」といい若い女性の役に、入らないものを「色無/紅無(いろなし)」と呼んで中年以降の女性の役に用いる。着装法も、「着流し」、右袖を脱いで後ろにらす「脱ぎ下げ」、腰の部分を折り込んで裾を膝まであげる「壺折」など、さまざまなヴァリエーションがある。裏地がついた袷である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.