« 摺箔 | メイン | 素袍 »

熨斗目


のしめ

身分のあまり高くない男役などが装束の一番下に用いる小袖。練貫(縦糸に生糸、横糸に練糸を用いた平織物)の生地で仕立てられている。無地熨斗目、横のある熨斗目、全体が格子縞になっている縞熨斗目の別がある。裏地がついた袷である。狂言でもしばしば用いる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.