« 素袍 | メイン | 狩衣 »

直垂


ひたたれ

武士の役に用いる上下揃いの広袖の表着。素袍を着る役よりも格の高い役で使われる。麻地に染で模様が表わされることが多い。は長で、の下には「込大口」というを穿いて、張りを持たせるようになっている。大口に上だけを着る「掛直」という着装をすることもある。裏地がついた袷である。式三番()で、三番叟三番三)・千歳・箱持が直を着用する際は長ではなく切を用いる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.