« 足袋 | メイン | 申し合わせ »


おび

装束を着る時に、腰のあたりに巻いて結ぶ細長い布のこと。能・狂言で用いられるは「腰」という名称のものが最も多く、役柄によって色柄はさまざまだが、僧などに用いる「緞子」、男役に用いる「紋付」、女役が用いる「縫入腰」や「胴箔腰」、龍女などが用いる「鱗腰」等がある。舞台では、腰の端が演者の腰の前にれ下がっているのを見ることができる。その他には、狂言の女役が着流しの際に用いる「女」、狂言で布羽織を着る場合等に用いる「三尺」などがある。また、ここで取り上げた「」とは異なるが、能の女役の仮髪の上から締める細長いを「」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.