« 名寄 | メイン | 送リ込ミ »

調べ


しらべ

能の開演直前、囃子方鏡の間器の調整をすること。「お調べ」ということが多い。一定の形式が定まっており、笛、小鼓大鼓太鼓の順に奏する。開演を知らせる合図でもあり、観客に能への期待を抱かせる効果もある。狂言、舞囃子など、能以外のお調べ屋で行われる。また、これとは別に、小鼓大鼓太鼓の表裏二枚の革に通されている麻紐を「調緒(しらべお)」というが、これを単に「調べ」ともいう。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.