« 四座 | メイン | シャギリ留 »

面当て


めんあて

演者がをかける際にあたり具合を調整する当て物のこと。綿を布などで小さく包んだもので、裏の額・両頬部分に貼り付けて用いる。「裏当て」「当て」ともいう。あたりが良いの場合は用いないこともある。あたりをみるにあたっては、視界や発声の際の開口などが吟味されるが、最も大切なことはのウケ(仰向き、うつむき加減のこと)を調整し、がもつ最も美しい表情を引き出すことである。また、を保管する際、表を保護するために小さな布団状のものを当て、その上で袋に収納することが多いが、この布団状のものも当てという。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.