« 勧進能 | メイン | 三老女 »

能管


のうかん

能・狂言で笛方が用いる横笛のこと。単に「笛」ともいう。能管は音程の調整がなされていないため、一管ごとに微妙に音律が異なっているが、笛を二管同時に奏したり、他の旋律器と合奏したりすることはないので演奏に支障はない。長年燻された煤竹を材料とし、漆を塗り込めたり、樺や籐を巻くなどして製する。構造上、吹口と指孔との間に「喉」と呼ばれる短い管が挿入されているのが大きな特徴で、これによって能管独特の音色が生まれている。笛方の流儀には現在、一噌流、森田流、藤田流がある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.