« 謡本 | メイン | 極リ模様 »

素謡


すうたい

能の謡を、囃子を入れずに全曲謡うこと。舞など舞台上の動きはなく、通常はアイの部分も省略される。最も簡略ではあるが、謡の魅力に焦点を当てた上演形式である。江戸時代に入ると、謡は急速に市井に浸透し、庶民の教養を高めるのに大きな役割を果したが、そこで親しまれたのは素謡、もしくは素謡の一部を取り出して謡う小謡であった。現在でも、能の稽古素謡からというのが一般的である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.