« 素謡 | メイン | 別火 »

極リ模様


きまりもよう

能・狂言で役を演じる際に、装束などに定められた色柄のものを用いること。大曲・秘曲とされる演目に多く見られ、能「道成寺」の前シテに、「枝桜に糸巻模様」(観世流の場合)の唐織を着用するなどの例がある。また、は通常の演目でも模様が決まっていることが多い。しかし、全体としては装束ともに極リ模様に縛られていることはなく、演者がその時々の演出を工夫して色柄を選択することもしばしばある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.