« 日数能 | メイン | 勝修羅物 »

鐘引


かねひき

能「道成寺」で舞台中央に吊り下げられる「鐘」は能の作り物の中で最大で、相当の重量がある。この「鐘」に関して責任を負うシテ方の後見鐘引鐘引後見、または鐘後見という。鐘後見シテが鐘に飛び込む「鐘入り」の際、鐘の綱を捌いてタイミングよく鐘を落とす重責を担っており、シテの師匠または先輩が勤めるわしである。綱を通す環がついている笛柱の横に置を占め、数名の助手をつける。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.