« 負修羅物 | メイン | 面箱 »

一管


いっかん

能の笛方が囃子事を独奏すること。常とは変わって一と技巧を凝らしたもので、音色、息使いなど笛の魅力を十分にしむことができる。一管の変種に「一調一管」があり、これは、笛一人に打器(小鼓大鼓太鼓)一人、謡一人(入らないこともある)で演奏するものである。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.