« 名古屋能楽堂 | メイン | 月桂殿能舞台 »

横浜能楽堂


よこはまのうがくどう

1996年6月、神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘に開場した市立の堂。年間30日程度の自主公演のほか、師主催の公演なども数多く行われている。見所(客席)は、2席の47席を含めて486席。舞台は、1875(明治8)年に東京・根岸の旧加賀藩主前田斉泰邸に建てられ、その後、東京・染井の松平頼寿邸に移築、「染井能舞台」として親しまれた舞台の材料を用いて復元したもの。関東地方では現存最古、全国的に見ても8番目に古いといわれ、鏡板に梅を配した老松が描かれていることなどが特徴。能関係の講座や、さまざまな資料を用いて能の魅力を伝える常設展・特別展なども行っている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.