« 月桂殿能舞台 | メイン | 狂い笹 »

蠟燭能


ろうそくのう

蠟燭を灯して上演する能のこと。燭台を舞台の周囲に多数置き、和蠟燭を立てて灯りとする。蠟燭の背に白い和紙を立て、舞台に光を反射させる工夫をすることもある。一本一本手作業で作られる和蝋燭はその形自体が美しく、炎が大きいため光量があり、適度なゆらめきは舞台の雰囲気に奥深さを与える。野外で篝火を焚いて上演する薪能が動的とすれば、蠟燭能には静的な趣があり、堂など屋内で行われることが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.