« 達拝 | メイン | 上扇 »

枕ノ扇


まくらのおうぎ

能・狂言の型のひとつ。広げたの地紙の端を左手に持って全体を左腕の内側に抱え込み、顔の左側を隠すようにすること。同時に顔もやや俯け、片膝で座る。眠る、臥す、隠れるなどを表すことが多い。能「猩々(しょうじょう)」の終曲(キリ)部分、「酔ひに臥したる枕の夢の」などでみられる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.