« 枕ノ扇 | メイン | 抱エ扇 »

上扇


あげおうぎ

能・狂言の型のひとつ。広げたの要の部分を、開いた右手の親指と他の4本の指とでつまむようにして持ち、胸の前で縦にした後、上方に上げ、次いで右方に下ろす型。流れに区切りをつける型で、能の「クセ」と呼ぶ小落の役謡(やくうたい)の部分(上端)や、舞事の初などにある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.