« 月ノ扇 | メイン | 招キ扇 »

霞ノ扇


かすみのおうぎ

能・狂言の型のひとつ。広げたの要の部分を、開いた右手の親指と他の4本の指とでつまむようにして持ち、を右肩の上方から胸の前までゆっくり下ろす型。同時に身体の向きを変えたり数歩出たりすることが多い。霞を表現する型だが、曲によっては風の動きを象徴することもある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.