« カザシ | メイン | 指折リ »

ハネ扇


はねおうぎ

能・狂言の型のひとつ。広げたの片方の親骨(両端の最も太い骨)を、地紙の部分で左手に持ち、を右肩に当てるようにした後に大きく左前方にはね返す型。はねるのを2回繰り返したり、同時に何足か出たりすることも多い。物が揺れ動く様子を表し、能「羽衣」の終曲(キリ)部分、「浦風にたなびきたなびく」の場などにある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.