« 指折リ | メイン | 立廻リ »

打込


うちこみ

能・狂言の型のひとつ。右手に持ったをいったん右方によけた後、身体の前を掬い上げるようにして胸に引き寄せ、次いで前方に出す型。「左右」という型の後に続くことが多く、「左右」の種類に応じて打込の型も変化する(常の左右の後の打込では二足出るが、大左右の後では数多く出るなど)。また、打込の後はしばしば「」の型に繋がる。仕舞小舞の舞い終りは「左右」「打込」「下居(したい/片膝をついて座ること)」となることが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.