« 打込 | メイン | 猩々乱 »

立廻リ


たちまわり

能の働事(一定の意味がある所作に囃子がつくもの)のひとつ。演者が静かに舞台上を動きまわるうちに役の感情などを描写するもので、曲ごとに型も表現する内容も異なるのが特徴。太刀を抜いて斬り合う「斬組ミ(きりくみ)」とは全く異なる。笛・小鼓大鼓で奏する大小立廻りが「通小町」「百万」に、太鼓が加わる太鼓入りの立廻りが「山姥」「阿漕」にある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.