« 喝食鬘 | メイン | 狂言口開 »

狂言足袋


きょうげんたび

狂言方装束を着たときに履く足袋のこと。黄色く染めた木綿で製する。狂言の家によって、細い縦縞や無地の別がある。煙で燻した鹿革で作る「革足袋」の名残とされ、庶民性豊かな狂言の登場人物の姿に相応しい色合いである。一方、シテ方、ワキ方、囃子方は白足袋が決まりで、狂言方後見や地謡など装束を着ない場合は白足袋を履く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.