« 三役 | メイン | 居囃子 »

イロエ


いろえ

能の働事(演者の所作に囃子がつくもの)のひとつ。主に女役のシテが静かに舞台を一巡するだけであるが、その後の「クセ」や「舞」などへの導入的な役割もある。但し、例外も多く、男役のシテが舞ったり、クセの後に舞うものもある。笛・小鼓大鼓で奏する。「彩色」と表記することもある。また、「彩色(イロエ)」の小書(特殊演出)があり、この小書がつくと「イロエ」が挿入される演出となる。イロエが入る演目は「杜若」「桜川」「筐」「弱法師」などがあり、「彩色」の小書がつく曲は「砧」「卒都婆小町」などがある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.