« 囃子物 | メイン | 早笛 »

来序


らいじょ

能の囃子事(一曲の中で、囃子が主となる部分)のひとつ。小鼓大鼓太鼓で囃し、笛が和す。神体や天狗などの化身が静かに退場し、入れ替わりに末社など間狂言の役が登場する場で奏し、前半を「中入来序」、後半を「狂言来序」(または「末社来序」とも)という。「中入来序」は掛声を長く引いて荘重な雰囲気で、「狂言来序」は一転、ノリ良く軽快なリズムで奏する。また、「鶴亀」や「西王母」など、唐の帝王が威容を誇って登場する場などに奏する来序があり、これを特に「真ノ来序」という。狂言「唐相撲(唐人相撲)」にも皇帝が臣下を大勢従えて登場する場があるが、ここでは「狂言来序」を静かに奏する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.