« 一子相伝 | メイン | 大勢物 »


えり

装束を着る際、着付の下の首回りにつける布のこと。白を最も高貴な色として、赤、浅葱、萌黄、樺、紺など様々な色があるが、役によって用いる色が決まっており、役柄を示す重要なポイントとなっている。を2枚重ねてつけることもある。一般の女性の着物の「伊達」のように独立しており、ずれを防ぐために布製の台につけられている。幅は15センチと幅広で、着装の際には、着付の下に着る胴着(綿入れ)のと共に3~4回折り畳んでから着せる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.