« 小歌 | メイン | 金春札 »

小歌節


こうたぶし

能・狂言の中で、室町時代の俗謡を取り入れたとされる部分のこと。「放下僧」「月」「藤栄」などにあり、曲中で芸を披する場で謡われる。狂言の小歌は特に「狂言小歌」と称し、拍子に合わせず、音を繊細に揺らした優美なが特徴で、「子」や「金岡」「水汲」などで謡われる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.