« 開き | メイン | 町入能 »

ヒラキ


ひらき

謡や型で「解放」という意味を持つ用語。具体的には、型では、腕を身体の横に開きながら、数足さがり、開いた腕を身体に寄せて元に戻る動作をいう。ヒラキの前には、手を前に出しながら数足出る「サシコミ/シカケ」という型があることが多い。この場合、サシコミが「集中」、ヒラキが「解放」となる。謡では、付がない「コトバ」の部分で、一句の中にアクセントをつける箇所が決められているが、これをヒラキという。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.