« 物着せ | メイン | 指付ケ »

物見窓


ものみまど

揚幕の横にあり、鏡の間から舞台を見通せる窓のこと。窓枠に細い木の材を一定間隔で取り付けた「連子」とし、鏡の間の側には御簾を下げて、見所から鏡の間が見えないようにしてある。「連子窓」「奉行窓」「あらし窓」「御簾」ともいう。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.