« 乱序 | メイン | 蘭曲 »

闌曲


らんぎょく

世阿弥の能論は、最高の芸に達した演者の自在な境地を「闌(た)けたる」とするが、そのをもって謡われる謡のこと。世阿弥は謡を、祝言・幽玄・恋慕・哀傷・闌曲の五音に分類し、闌曲は他の4つを超越した至高のものであると置付けている。また、現在は上演されない古曲などの聞かせ所を独立させ、原則独吟で演じるものも闌曲曲舞とも)という。「飛鳥川」「香椎」「島廻」「初瀬六代」「東国下」など約50曲があるが、いずれも最高の芸境と技巧が求められ、滅多に上演されない。蘭曲曲とも書く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.