« わんや書店 | メイン | わらんべ草 »

連獅子


れんじし

能「石橋」の小書のひとつ。曲の後半で通常は一体の獅子が登場するところ、この小書がつくと白頭の親獅子赤頭の子獅子が登場して一層華やかな演出となる。親獅子はどっしりと豪壮に、子獅子は俊敏に、共に舞うのが見どころである。同類の小書を流派によって「大獅子」「和合獅子」ともいい、一体の親獅子と複数の子獅子が登場することもある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.