« 肩衣 | メイン | 打杖 »

狂言袴


きょうげんばかま

狂言の装束のひとつ。太郎冠者や百姓、商人など一般庶民の役に用いる麻地の半全体に丸紋が散らしてあるのが特徴。紋の模様は宝尽しが多く、型染で白く染め抜いて明朗活発な庶民性を良く表わしている。地色は様々で、地模様はあるものとないものがあり、役によって使い分けられる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.